ヘアカラーの種類は全部で4つある

女性にとっても男性にとっても、ヘアカラーは髪型を変えるのと同じくらい大切なオシャレになります。

髪色イメージを変えるだけで、世界が大きく変わって自分に自信が持てるようになってきます。

今まではショートにしたり、ポニーテールにしたりとトレンドにのるだけのヘアアレンジの変化しかなかったのが、髪色チェンジで自分がさらに大きく変わっていくのを感じることが出来ます。

そのために必要なのがヘアカラー製品になりますが、この製品は大きく分けると4種類になります。

1つ目は、ブリーチと呼ばれる髪の根元からの脱色になります。

脱色をすると髪色は外国人風カラーになって、日本人の憧れている透明感のあるカラーになります。

いわゆるナチュ髪になります。

透明感のあるロングヘアーが風になびく時は男性から見ても非常に美しく映ります。

2つ目はヘアカラーという方法になります。

この方法は、髪色を決めているメラミン色素のカラーを抜き、髪全体に着色するという髪色チェンジの方法です。

髪の表面にある染色体構造を弱くし、それによって染料が奥まで浸透することで色落ちのしない着色方法になります。

着色もとても綺麗で自然になり、チョコラカラー、ダークカラー、マーメイドカラーなどのモテ髪カラーも実現できます。

3つ目はヘアマニキュアという方法です。

このカラーリング方法は、髪の表面に直接染料を着色し、トリートメント高価もありキューティクルなどの組織も壊さないカラーリング技術になりますので、カラーだけではなく髪質や艶もとても美しくなりますので人気スタイルです。

この商品のタイプの着色期間は3週間ほどになっています。

4つ目は一時着色という方法です。

これはカラー剤によって髪の表面だけに着色し、シャンプーすると落ちてしまうタイプのカラーリング方法になります。